専業主婦ができるエコ。

エコへの取り組みに対する結論は

専業主婦ができるエコ。 昔、エコとエゴは同じ意味という漫画家さんの言葉に出会い、なるほどと思った経験があります。地球や自然の環境保全のためであることや、限られたエネルギーを大切に使うという大義名分は十分理解できるものの、ともすれば日々の生活の中では面倒になり、自分だけならしなくても大差はないと思ってしまうこともあるのではないでしょうか。その点、エコへの取り組みが自分にとってプラスとなってかえってくるとなれば、誰もが実践するか、少なくともできる範囲内で取り組もうと考えると思います。なんといってもその理由は、自分が得をするからです。結局のところ、いかに得をするかに結びつけることが、大義名分よりも取り組む際には大きな動機になることは間違いありません。

たとえば、太陽光発電を導入する場合でも、自然エネルギーを使うことが地球環境にいいのはもちろんなのですが、目指すところは、電気を自宅でお日様という無料の熱源から作りだすことにあります。しかも、使わずに残った分は売電し、お金に換えられるのですから、こんなにありがたい話はありません。いくら初期投資にかければ元が取れるかなど、真剣に考えて取り組むのではないでしょうか。そう考えると、結局のところ自分のためでしょうと言われることになりますが、それでも結果的にはエコになっていますので、実践していない人に比べれば、地球環境に貢献していることになります。いずれにしても貢献できるのであれば、理由に多少エゴが含まれていても、それはそれでいいと思います。

Copyright (C)2022専業主婦ができるエコ。.All rights reserved.