専業主婦ができるエコ。

エコは体に染みつかせる実践を

専業主婦ができるエコ。 たとえば、使わない電気はこまめに消す、水道を出しっぱなしにしない、使えるものは徹底的に使うなどということは、今ではエコの常識です。最近はさらに進化してきて、消費電力の少ないLED電球の普及率の上昇は、みんなが関心を持ち始めた結果、実現してきたのだと思います。実際のところ、かつてはかなり高価な値段が付いていたLEDシーリングライトも、今では1万円を切るものが珍しくなくなりました。家庭でもオフィスでも、あるいは街中でも使われ、かなり大勢で電気代の節約に取り組めているのではないかと思います。なじみのなかったエコという言葉も、今ではすっかり定着し、今ではそれに反する行為をしている人を見ると、モヤモヤした思いがわき起こってくるほどです。

こまめに電気を消すのも、ごみを分別して出すのも、水道を出しっぱなしにしないことも、考えてみればごくごく当たり前のことです。その当たり前のことが当たり前に思えないような使い方を長年してきたことが、今の、そしてこれからの時代の資源不足につながってきたのではないでしょうか。今ならまだ、みんなが関心を持ってエコに取り組むことで、だんだんと回復させていけそうな気がします。面白いもので、自分の生活の一部としてやり慣れてくると、こまめな電気のオンオフはそんなに手間ではありませんし、水道を出しっぱなしにして使うことで、落ち着きなく感じるようになります。こうなったら、もう立派に資源を大切にできていることになるでしょう。

Copyright (C)2022専業主婦ができるエコ。.All rights reserved.